ご相談の多い事例

よくある質問

相続に関する質問

相続に関する質問
まず、相続財産の確定をし、法定相続人の確認を行って相続税申告が必要か否かを判断いたします。比較的早い時期でのご相談でしたら、余裕を持ったスケジュールで、遺産分割のご提案や相続税のシミュレーションをご提示でき、相続税申告ができます。申告業務と同時進行で、ご希望があればご預金の解約や不動産の名義変更のお手伝いをさせていただきます。
お世話になっている長男のお嫁さんにも財産を分けてあげることはできますか。
相続人ではない長男のお嫁さんに財産を残したい場合、遺言書を作成することが必要です。公証人役場に同席させていただき、公正証書遺言書を作成いたします。

贈与に関するご相談

相続時精算課税を使うと贈与税がかからないので、この制度を利用して長男へ現金を贈与したいのですが…。

まず、相続が発生したら相続税がかかるかを試算します。

相続税がかかる場合、相続時精算課税制度が不利にはたらくことがありますのでご相談ください。

事業承継に関するご相談

後継者の長男に自社株を贈与したいがどうすれば良いですか。
自社株評価計算を行い、贈与計画を立てます。様々な特例の活用などをご提案致します。

相続紛争について

相続が起きた時の一番悲しい出来事は、遺された相続人である妻や子どもたちの間で争いが起きることではないでしょうか。遺産が少額だと相続税を支払う心配はありませんが、その代わり「遺産分割」の額や方法で、遺族同士がモメたり、いがみ合ったりしがちです。

相続紛争事例

主な遺産が不動産で、分割が困難な状態である

主な遺産が不動産だと、現金のように簡単に分けたり、簡単には処分できないので、もめる原因になりやすく、特に被相続人(亡くなった人)と同居していた相続人(息子や娘など)がいる場合には、大きなもめ事に発展しやすいです。

相続人の特定の誰かが、親の面倒を看ていた

子が複数人いるが、その中のひとりが親の介護をしたり、面倒を看ていたなどというケース。これは同居の有無は関係ありませんが、遠方に住んでいたなど介護をまったくしていない相続人や(その配偶者)が民法に沿った平等な遺産分割案を主張することで、お互いの不満が爆発し、争いに発展してしまうことが多いです。

相続に関するトータルサービスを可能にしたプロフェッショナル集団。私たちに任せてください。相続信頼のサポート。 無料メール相談はこちらから
  • ホーム
  • 相続トータルサポートの魅力
  • 相続税申告について
  • 相続の手続き
  • お困りごとは?
  • 生前対策
  • ご相談の多い事例
  • 費用について
  • 事務所案内
  • 無料メール相談

このページのトップへ