相続税申告について

相続税申告について

相続税の申告をするときは、被相続人(財産をあげる人)が死亡したときの住所地を所轄する税務署に相続税の申告書を提出します(相続人の住所地を所轄する税務署ではありません)。相続や遺贈によって取得した財産および相続時精算課税の適用を受けた財産の額の合計額が、基礎控除額以下のときは、相続税の申告も納税も必要ありません。しかし、配偶者控除など各種の税額控除や小規模宅地等の評価減の特例は、申告することで初めて適用になります。よって、相続税がゼロのときでも申告する必要があります。

現状を知ることが大切

具体的な対策を考える前に、まずは現状の把握が重要です。現在、どういう財産があって、それに対して相続税はいくらかかるのか。適用可能な特例等の要件はきちんと満たしているか。この相続税試算を行うことで現状の問題点やこれから行うべき対策がみえてきます。試算結果を踏まえて、具体的にどのような対策があり、どういった効果があるのかシミュレーション結果とともにご提案をさせて頂きます。

2次相続税を踏まえた対策のご提案も可能となっております。複数の具体的な対策案をご提案し、それぞれどの程度の税額軽減効果があり、またどういったデメリットがあるのかといったことを詳細にご説明させて頂きます。円滑で争いのない相続のためにウーマン・タックスが全面的にサポートさせて頂きます。

相続税についての相談サービスについて

初回相談

まずは、お問い合わせフォーム、もしくはお電話にてお問い合わせください。その際、簡単にご相談内容をお伺いさせて頂きますのでご協力をお願いいたします。

ご面談

面談を終え、ご納得頂ければご契約となります。

相続対策レポートのご提出とご説明

具体的にお客様にあった対策レポートをオーダーメイドで作成させて頂きます。1度ご提案して終わりではなく、ご納得いただくまで何度でもプランの練り直しをさせて頂きます。

相続に関するトータルサービスを可能にしたプロフェッショナル集団。私たちに任せてください。相続信頼のサポート。 無料メール相談はこちらから
  • ホーム
  • 相続トータルサポートの魅力
  • 相続税申告について
  • 相続の手続き
  • お困りごとは?
  • 生前対策
  • ご相談の多い事例
  • 費用について
  • 事務所案内
  • 無料メール相談

このページのトップへ