日本の相続税は、法定相続人が多いほど安くなります。そのため、養子縁組を活用した節税対策を行う富裕層もいます。しかしこの方法は、各相続人の取り分が減少するため、トラブルの種になりがちです。また、事情が変わって養子縁組を解消したくなっても、双方の合意がなければ難しく、万一負債がある場合は、相続 ...

週刊エコノミスト 最新!信金ランキング(2019年9月17日号)に 弊社の「相続手続きで困らないエンディングノート」の書評が掲載されました。 話題の本のコーナーに、 相続があった後、残された家族が困らないための準備本として、 女性税理士が誰でも簡単に書けるように作成したノート、珠玉の一冊と ...

今回は、『あなたの人生、老親の人生「最後の1週間」の過ごし方』です。 送る側として、最後の願いをどうかなえてあげるべきなのか。何を確認しておけばいいのか 送られる側も、最後のわがままをどうかなえるのか、残された家族が困らないためにどんな準備が必要なのか、について特集されています。 こういっ ...

東京都で女性経営者を応援するプロジェクトが始まりました。 NEW TOKYO(Network to Empower Enterpreneurial Woman)その中で、専門家や先輩経営者が無料メンター1時間を、来年2月までに50名に提供する、というサービスがはじまり、そのメンターとして登 ...

「相続手続きで困らないエンディングノート」に引き続き、「事業承継に困らないバトンタッチノート」の増刷も決定いたしました。 ご購入された皆さま、誠にありがとうございます。 ご不明点、ご相談等ございましたら、いつでもお答えいたしますので、弊社お問い合わせフォームからお問い合わせのほど、よろしく ...

この度、WT税理士法人:編著の、「相続手続きで困らないエンディングノート」の増刷が決定いたしました。 >>相続手続きで困らないエンディングノートの詳細はこちら

8月16日発売の週刊文春WOMAN「妻が得する新相続術」の記事に取材協力しています。40年ぶりの相続法の改正を上手に利用して、夫の相続をどうのりきるべきなのか?妻が相続で思わぬ不幸に見舞われないように、知っておいていただきたい内容です。

8月7日発売のサンデー毎日&エコノミストPremiumで、相続税の節税のための、土地の評価額を下げる方法について寄稿しています。遺産分割でも相続税対策でも、実は土地(不動産)をどうするで、その結果は大きく変わってきます。是非知っておいて頂きたい内容です。

7月29日発売の、週刊現代8月3日号の「女優・加藤治子さんは5人の友人に財産を分けて死んでいった」の記事に取材協力しています。 独身で身よりのない加藤さんは、マネージャーなど5人の方に財産を残していたそうです。特に驚きなのは、元の夫の後妻さんにまで財産を残していたということ!お見事な相続対 ...

今週は、「生命保険と相続と税金」についてでした。ちょっと難しい内容だったかもしれませんが、生命保険は相続対策にはなくてはならない存在。 その一方で、入り方をまちがえるととんでもない税金がかかってしまうこともあります。 相続税の非課税枠「500万円×法定相続人の数」を利用した節税や遺産分割対 ...