相続放棄

WT税理士法人 相続放棄

相続放棄とは

相続放棄とは、「亡くなった方の財産をすべて相続しない」ということです。
相続財産には、預貯金や不動産・株式など、価値のあるプラスの財産とともに借金・ローンといったマイナスの財産もあります。

相続放棄をする典型的なパターンは、プラスの財産よりマイナスの財産が多い時です。
「お父さんが事業で多額の借金をしていた」というような場合、残されたプラスの財産たとえば、自宅や預金などを全部合わせても、借入金の方が大きいような場合、もらった財産をすべて換金しても、借金が返せないということになります。

「家族がした借金だもの、私が責任を持って全額返します!」という方はさておき、自分がしたわけでもない借金を返すのはいやだ!という場合には、相続放棄を検討することになります。
また、亡くなった方が誰かの保証人になっていた、というような場合も相続放棄を検討する必要があるかもしれません。亡くなった方が連帯保証人になっていた場合、相続人がその地位を引き継ぐことになるため、保証をした人が借入金を返さなかった場合、相続人が借入金の返済をすることになるからです。

「連帯保証人になってる人なんてそんなにいないでしょ」と思われるかもしれませんが、
絶対大丈夫などと思わない方がいいかもしれません。
以前、「父親が亡くなって不動産の謄本を取り寄せたら、不動産に抵当権がついていて、知らない人の保証をしていたことがわかった」と相談に来た方がいらっしゃいました。
このように、不動産をみたら第三者の借入金の担保提供をしていた、という人もいるのです。それでも、まだこの方たちは、保証人になっていたことが分かったからよいのですが、
連帯保証人になっていることを知らず、相続してしまって大変な思いをしてしまう人もいるのです。

相続放棄できる期限

相続放棄は手続きできる期間が決まっています。
相続放棄ができるのは、自分が相続人であるということを知った日から3か月。
相続が開始した日からではありません。

これはどういうことかというと、相続が起きた(親族が亡くなった)ということを知らない、または知っていても自分が相続人だとは知らない、というようなケースを想定しているのです。
たとえば、母親の体調が悪く父親が亡くなったことを母親に話していない、とか、遠方に住んでいる親族で知らせていない。というなケースが想定されます。

とはいえ、相続が起きてから3か月なんてあっという間です。もともと、借入金がありそうだという方ならまだしも、どんな財産があるのかを確認するには時間が足りないこともあるでしょう。そんなときは、「相続放棄のための申述期間伸長の申請」を家庭裁判所に出すことで期限を延ばすことができます。

こんなケースは相続放棄しなくてもいい

「父親の財産はすべて母親に相続させたいので、私は相続を放棄します」ときどきこういったご相談を受けることがありますが、これはわざわざ相続放棄という手続きをふまなくても、遺産分割協議書で「すべてを母が相続する」とすればいいだけです。

逆に法定相続人が妻と子どもという場合に、子供が母親のためと全員で相続放棄をしてしまうと、第一順位の相続人がいなくなることになり、相続順位が第二順位の親や第三順位の兄弟姉妹になってしまいます。
そうなると、大事なお母さんが亡くなった父親の両親や兄弟姉妹と遺産分割の話し合いをすることになり、結果財産をすべて相続できない、なんてことにもなりかねません。

相続放棄で相続税を圧縮したケース

借金がない場合でも、相続放棄を検討してみては?と思うケースがあります。
以前実際にあった方のケースです。
亡くなったのは、未婚の60代の男性。お子さんもいません。家族は、母親と妹さんでした。
お母様が90代と高齢だったため、財産管理もままならないし、いずれお母様のご相続のときに高額な相続税が見込まれていたので、お母様に相続放棄をしていただき、妹さんを相続人にすることで、トータルでの相続税の節税を行うことが出来ました。

借入金から家族をまもる工夫を

「借入金があるなら相続放棄すればいいんでしょ?」と気軽に言う方がいますが、相続放棄ってそんな簡単なことでもありません。
相続放棄とは、プラスの財産はもちろんプラスの財産も何ももらわないということ。住んでいた自宅や日々の生活費が亡くなられた人のものであった場合、そういったものもすべてもらわない。住むところさも亡くなってしまう可能性があるということです。
大切な家族にそんな思いをさせないためにも、できる限りの対策をしていただきたいと思います。
事業をやっていた方が、若くして亡くなってしまい多額の借金が残って困ってしまったという方にお会いしたことがありますが、大変な苦労をされています。今借入金があるという方は、まずはご家族に借入金についてしっかりと伝えておいてほしいと思います。
言いにくければ、エンディングノートなどに書き記しておいてもいいでしょう。

また、生命保険の活用もおススメです。掛け捨てタイプの保険であれば、低い保険料で保障を持つことも可能です。受取った生命保険を借入金の返済にあてることもできます。
また、生命保険は相続放棄をした場合でも受け取ることができますので、多額の借入金がある場合は、相続放棄をして生命保険で生活できるように準備をする、という使い方もできます。

WT税理士法人 悠々相続 お問合せ